前へ
次へ

整体治療を行う前にレントゲンを

多くの人がわずらった経験を持つといわれるぎっくり腰ですが、まず最初にどんな医療機関を受診したらいいのか、迷う人は少なくありません。
ぎっくり腰と一口に言っても、実は原因が別の病気である可能性があります。
人によっては椎間板ヘルニアの場合や、坐骨神経痛と言った病気の可能性も少なくないからです。
もしかしたら手術が必要となる可能性もあるため、ぎっくり腰になったら医療機関、とくに整形外科でレントゲンを撮ってもらい、症状を確認してからマッサージなどに出かけたほうがいいでしょう。
手術や薬物投与が必要ではない場合、一般的には整体や整骨院にでかける人が少なくありません。
とくに整体に通うと、医薬品を使わずに身体的な不調を改善できることや、無理せずに身体の歪みを改善することで腰にかかる負担を軽減できることなどが挙げられています。
結果として体調不良を無理なく治療できるのが整体治療のメリットです。
ただし、保険診療とはならないため、多少費用がかかることを理解してから出かけたほうがいいでしょう。
整体治療の場合再発する可能性が低いことから、一度徹底的に治してもらうことで、完治しやすいといわれています。

Page Top