2月の末にホームページを御覧になったs中学の先生よりメールをいただきました。5月に修学旅行で東京にいらっしゃる折りに生徒さん達にシュガークラフトの体験をさせていただけないかという内容でした。s中学では修学旅行の一日を生徒さん達自身の興味のある分野に班毎に分かれ研修に行くというものだそうで、それは代々受け継がれた桶職人の方に一日弟子入りだったり、ミュージカルスクールの見学体験だったりと言う、なんとも楽しそうで素敵なそして先生方にとってはとても大変であろうことを実施されているということでした。初めは信じられなくて、でもとても嬉しく光栄で、そしてちょっぴり不安になりました。中学生活の中で、そして人生のなかでとても大切な思い出になるでしょう修学旅行の一日をMammy Handに来て頂いて、良い思い出にそしてその後の生活の中でなにか1つでも役に立つ経験をして頂けるのかしらと。でも、私自身にも子供がおり、子育て経験者の立場でなにかお伝えできるものがあるかもしれないと、そしてなによりシュガークラフトの楽しさだけはお伝えできるのではないかしらとすぐにお受けする覚悟を決めました。それから何度も先生や生徒さん達とメールや手紙やお電話で打ち合わせを重ね、私自身も少しばかりの緊張と準備をして、その日を迎えました。
当日はとても良い天気。改札口を間違えて少し迷ってしまうというハプニングはありましたが無事到着。シュガークラフトははじめての皆さんにシュガーの楽しさをお話してから、いざ体験レッスンに。
どうしようかなあ?
楽しい〜
真剣!!
2時間弱という時間制限の中とても真剣に取り組んでくださった3人。途中何度も楽しい!!を連呼してくださって。私も楽しい時をすごすことが出来ました。初めてなのにとてもかわいい薔薇のハートケースが出来ましたね。
思ったより上手に出来たよ!イェ〜イ
なんだかあっという間に過ぎてしまったけれど、私自身もとても良い経験をさせていただきました。後日生徒さんからお礼のお手紙をいただいたのですが、読んでみて、その文章のしっかりしていることにとても驚きました。(お見せできないのが残念)パソコン世代といわれている今のお子さん達も大人顔負けのお礼状がかけるなんて、日本もなかなか捨てたもんじゃないなぁ。
福井県s中学修学旅行の班別研修
     シュガークラフト体験